油を分解する酵素が入ってる食べ物は?

この記事は1分で読めます

crispy-pata-275983_640

油ものを食べた時って、胃もたれもするし、
できるだけ早く、分解して欲しいですよね。
 
油ものを体内で分解したり、燃焼させたりする、
都合のいい酵素があるんです。
 
 
それが、「脂肪分解酵素」というものなんです。
 
今回は、その脂肪分解酵素について、話していきましょう。
 
 

脂肪を分解する酵素

脂肪を分解する酵素は、リパーゼというものなんですが、
リパーゼが足りないと、脂肪を吸収して、
太ったり、脂肪肝になったりするので、気をつけたいところです。
 
リパーゼは、膵臓でつくられているんですが、
脂肪が大漁だと、膵臓がフル活動するので、
膵臓もヘトヘトになるんです。
 
かといって、リパーゼが出なくなると、
脂肪肝になったり、糖尿病や肝硬変とかなってしまうので、
頑張ってもらわないといけないですよね。
 
 
もちろん、油物のを取らないのが一番ですが、
油ものを食べるときに、一緒に脂肪分解酵素を摂ると、
膵臓がフル回転しなくても、油を分解してくれて、
体に脂肪がつきにくくなります。
 
これは、一緒に食べておきたいですよね。
 
 

どの食べ物に含まれる?

では、その脂肪分解酵素が、どの食べ物に含まれているかというと、

  • 大根、セロリ、きゅうり、トマト、人参、ピーマン
  • オレンジ、いちご、スイカ

などです。
 
 
他にも、積極的に摂りたいのは生姜です。
 
生姜を食べると、カッと体が熱くなったりしますよね。
そのときに、脂肪も燃やしてくれるので、
一緒に摂ると、さらに脂肪が身につきにくくなります。
 
 
もちろん、油物の食べ過ぎに気をつけることは、前提として、
油ものを食べる順番としては、酵素が入っている食べ物から食べてみてください。
 
生姜は、油ものに付け合わせて。
 
 
消化しやすくなって、膵臓も疲れにくくなるので、
体を動かすのも、軽くなりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. beer-428121_640
  2. 0820b645551580f3c6471b114c0af800_s
  3. sugar-485050_640
  4. 92b5a3692b3b2b105ecea5adcb944549_s
  5. 640px-Purine_Nucleoside_Phosphorylase
  6. a080bae40f45e3885fe3bc7ef3b12cd1_s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。