アルコール酵素を増やす方法はある??

この記事は3分で読めます

beer-428121_640

アルコール酵素を増やして、
アルコールに強い体になりたいんだけど!
 
って、思っていませんか?
 
 
確かに、飲み会とかって、
飲めないと言うと、空気読めない人扱いされたり、
飲みたくないのに、飲め飲めと勧められて、
いちいち断るのも面倒なぐらいに、絡まれたりしますよね。
 
 
アルコール酵素は増やせないんですが、
アルコールを分解する酵素は、ちょっとだけ増やす方法があるので、
じっくりと、お話ししていきましょう。
 
 

アルコールに強くなれる?

最初から、出し惜しみせずに言いますが、
日本人は遺伝子的にも、お酒に強い人種ではないんです。
 
また、地方によってもこの遺伝子が違ってくるので、
お酒に強い地方と、弱い地方があるんです。
 
それは、後述するとして、大まかに言うと、
アルコールに強くなる方法はあります。
 
一つは、ミクロソームエタノール酸化系酵素(MEOS)
を増やす方法です。
 
これは、生活習慣を正しくして、肝機能をあげた上で、
少量ずつアルコールを摂れば、わずかに増える、といわれています。
 
 
もう一つは、脳のアルコール感受性を下げる方法です。
 
日々、少量ずつ、アルコールを摂ることで、
ふらふらなのに、
「俺、酔っ払ってないよ〜」
というのは、アルコールに対して、脳が麻痺している状態です。
 
体の負荷を考えないと、依存症になるので、
気をつけたいですね。
 
 
では、アルコールを分解する酵素について、
わかりやすく、話していきましょう。
 
 

アルコールを分解する酵素

まずは、アルコールが体内に入ってから、
体外に出るまでの流れを、大まかに見ていきましょう。
 
 
口から入ったアルコールは、胃から20%、
小腸から80%吸収されて、肝臓へ行きます。
 
IMG_3893 
肝臓で使うものは、

  • アルコール
  •  

  • ミクロソームエタノール酸化系酵素(MEOS)
  • アルコール脱水素酵素(ADH)
  • アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)

準備するものは、アルコールだけでOKです。
 
 
流れ方

  1. ADHとMEOSで、水素とアセトアルデヒドに分けます。
  2. 毒気のあるアセトアルデヒドを、さらに
    ALDHで、酢酸に分解します。
  3. 酢酸は、水と炭酸ガスに分かれて、体外へ。

 
IMG_3892 
 
 注意点!
ALDHが足りないと、毒気が周り、二日酔いになること。
 
 
ALDHの種類には、
1 アセトアルデヒドが増えてから働くタイプ
2 アセトアルデヒドが少量でも働くタイプ
とあって、
さらに、ALDH2にも1と2があって、

  • 2*1 (N)よく働く
  • 2*2 (D)あまり働かない

 
このNとDが遺伝子の組み合わせで、
3パターンあるんです。
 
 
Dだけは、黄色人種と言われる、モンゴリアンしか持っていないので、
モンゴリアンのいない、ヨーロッパやアフリカとかは、
日本人と比べると、お酒がめちゃくちゃ強いんです。
 
 
遺伝子の組み合わせと、日本人の割合でいうと、

  • NN(56%) お酒に強い!
  • ND(40%) 少しならOK!
  • DD( 4%) まったくダメ!

という感じなんです。
 
 
ちなみに、ADH、ALHDともに遺伝子からの酵素なので、
増やしようがないものです。
 
だいたい、日本でお酒に強い遺伝子を持っているのは、
東北、関東、南九州、沖縄で、一番が秋田県。
 
逆に、弱い遺伝子を持っているのは、
中部、近畿、北陸、北九州で、一番は三重県。
 
という結果が出ているんです。
 
 
なので、飲めなくても、そういう体なので、
無理して飲むほうが、不自然なんですが、
 
少しでもMEOSを増やすなら、

  • 生活習慣を整えて、肝機能を正常にする
  • 少量ずつ、飲酒を続ける

といったことが、良さそうです。
 
 
あと、体感として、ビールなど炭酸系は、
アルコール含有量に関わらず、酔いやすいです。
 
この方法は、全員が、必ず飲酒に強くなるというわけではありませんが、
女性ホルモンは、アルコール分解酵素の抑制をするので、
女性は、アルコールに強くなりにくいので、ご注意を。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 92b5a3692b3b2b105ecea5adcb944549_s
  2. vegetable-basket-349667_640
  3. young asian mother and baby
  4. girl-429965_640
  5. crispy-pata-275983_640
  6. a080bae40f45e3885fe3bc7ef3b12cd1_s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。